白糸台高校

このブログは「咲-Saki-」のファンサイトではありません。
一般的なファンには理解できない記事、辛口批判があるのは当然です。
それが許せないからといって感情的に論戦、煽りを仕掛けても論外です。
無理をして閲覧する必要はありません。あくまで自分に合ったサイト、BBSを楽しみましょう。

白糸台宮永、復活して死亡

白糸台宮永選手が「お菓子絶ち宣言」をしてはや数週間。
白糸台高校の麻雀部室や各社の菓子工場には平穏が訪れ、各々がそれを楽しんでいた。
ところが、その平穏をぶち壊す不届きものが現れたようだ。
他ならぬ終身名誉菓子狂いこと、白糸台宮永容疑者(18)である。

荒川医師らの献身的な治療で一時は真人間に戻った宮永選手であったが、助手の池田氏が同選手の病室内でポテチの袋を開けてしまったのが痛恨のミス。
コンソメパンチ特有の香りで瞬く間に全てを思い出した宮永選手は「私はイエスと同じ」「お菓子さえこの世にあれば何度でも蘇る」と同氏のポテチをわずか0,0334秒で完食し、愛車のレクサスで白糸台高校麻雀部室へと向かった。
部室に入るなり宮永選手は弘世選手に「完全に改心した、私はもう大丈夫(ニッコリ」と白々しい嘘を吐くと、感動に涙腺を震わす同選手を尻目に他の部員のお菓子を強奪強奪アンド強奪。
当然それに気付いた弘世選手がSSを飛ばすものの先ほどの涙の影響で狙いが定まらず。
全てが宮永選手の思惑通りに進み、もはや万事休すと思われたところで同選手に異変が発生。
どうやら病み上がりで無理をしたことにより宮永ホーンを攣ってしまったようだ。
角を抑えてうずくまる宮永選手はチーム虎姫のメンバーに袋叩きにされ、そのまま病院に搬送、無事死亡が確認された。(死因は司法解剖)

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんもキリストと同じようにみんなの罪を償うために一度死んだ。それでも大星や金髪角女の罪は償いきれませんね(ガッカリ」と今後も徹底抗戦の構えを見せた。

なお新暦の開始には間に合う模様

白糸台宮永、大型トレードを画策する

終身名誉菓子狂いで知られる白糸台宮永選手容疑者(18)が麻雀界に例を見ない大型トレードを画策していたことが先日、警察の調べで明らかになった。
トレードの内容は「チーム虎姫の四人とミスタードーナツ3年分の交換」というもので、店頭に華が欲しかったミスタードーナツさんサイドとお菓子が欲しかった宮永選手の思惑が一致した格好。
ところがスムーズなトレード成立とはならなかったようだ。

宮永選手は部室に入るとトレードの内容をチームメイトに説明。
当然「テルーは私たちよりお菓子の方が大事なのー?!」「どうせなら阿知賀にあるミスタードーナツの売り子にしてくれ」などの罵声が飛んだが、
「目の前にドーナツの山を見せられて冷静さを失った」「その流れであまり考えずに契約書にサインをしてしまった」と語る宮永選手に四人は呆れ顔。
そのままトレード成立かと思われたが、ここで弘世選手が宮永選手を四分割し、トレードの弾とすることを提案。
即座に同意した四人によって宮永選手はまず角と体に二分割され、その後角を三分割されたことにより無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「大星の頭、胴体、手、足で四つとすればよかったのでは」と持論を展開。

なおドーナツは四人で山分けされた模様

白糸台宮永、270度和了に巻き込まれ死亡

ついにお菓子禁止令を言い渡され、一切の間食を禁じられてしまった白糸台宮永選手。
お菓子がなくて練習にも力が入らないとのアピールも「お前が暴れまわるよりはマシだ」という意見で一蹴され、歯痒い時間を過ごしていた。
すると大星選手が宮永選手の前でポッキーを食べるという畜生行為に。当然食いつきにいったものの、亦野選手らに抑えられここでもお菓子の補給はならなかった。

腐っている宮永選手を置いてチーム虎姫の4人で対局が始まると、早速大星選手がダブルリーチ。
ツモ切りするだけで暇だということでポテチを食べながら角を待っていたところで、宮永選手がある点に着目する。
あの麻雀牌にポテチの塩がついているのではないか―――
善は急げと大星選手の手牌に直行した宮永選手、これはさすがに弘世選手らも予想外だったようで「その手があったか!」と天を仰ぐ。
ところが宮永選手はちょうど大星選手のロン牌と鉢合わせ。270度の逆回転和了に宮永ホーンを巻き込まれてしまい、無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「殺人犯の大星を許してはならない お姉ちゃんの命と決勝戦を消した罪を死をもって償ってほしい」とコメント。

なお決勝戦にはまにあわんもよう

白糸台宮永、遠隔操作ウィルスにかかり死亡

遠隔操作ウィルスで日本中を震撼させた片山容疑者逮捕の一報――――――
このニュースに便乗する畜生が現れた。
白糸台宮永終身名誉方向音痴(18)である。

宮永選手はこのニュースを聞いた直後「実は私の今までのひどい行いも遠隔操作ウィルスによるものだった」と衝撃の事実を告白。
「淡のお菓子を盗っているときも常に心が痛んでいた」「菫にもいつも事後処理をしてもらって、申し訳なく思っている」と反省の弁を並べながらも、「これで全部水に流そう(エイギョウスマイルッ」と部員らに赦しを求める。
ところが大星選手が宮永選手の前にチョコレートを差し出すと態度が一変。即座に食いついてしまう。
これによって反省が演技であるとバレてしまい、いつものお仕置きルートに。
「ウィルスなら治療薬が必要だな(ニッコリ」という弘世選手の一声により、タミフルを大量に飲まされ無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「大星がお姉ちゃんにまとわりつくのも遠隔操作ウィルスかな?でも情状酌量の余地はないね(ニッコリ」とコメント。

なお予防接種にはまにあうもよう

白糸台宮永、プリンを食べて死亡

この日のお菓子であるプリンの量の少なさに怒りを露にした宮永選手。
たった5kgでは到底満足できないと文句を垂れていた所に「これだけ用意したのにまだ足りないのか」と弘世選手からツッコミが入ったが「私があれだけ点棒を用意しても足りなかったのと同じ」と一閃。
そのまま付近のお菓子工場へと愛車のレクサスで向かっていった。

ところが森永、グリコ等大手菓子会社の工場全てから宮永選手は出禁を食らっており、侵入は叶わず。
なおも食い下がる同選手に工場の警備員は「そんなにプリンが食べたいならバケツプリンでもやってみてはいかがですか」と助言。
案の定宮永選手はこれに食いつき、バケツ等の機材を購入した後白糸台高校麻雀部室へと帰っていった。

いざ提案してみるとチーム虎姫の面子もそれなりに乗り気なようで、プリン作りは順調に進行。
いざバケツで固める段階に入った時、宮永選手は「バケツに頭を突っ込み、そこにプリンの原料を注ぎ続ければ永久機関が出来上がるのでは」と発言。
そのままバケツに頭を入れてプリンを待ち構えていた同選手であったが、そこに注ぎ込まれたのは無情にもコンクリート。
コンクリートと宮永選手の頭は無事固まり、夏場へ向けての扇風機として使用される見通しだ。

これについて清澄宮永選手は「大星の髪の毛、プッチン!ww」とコメント。
決勝戦での勝利後に断髪式を行うことを予告した。

なおカラメル層にはまにあうもよう

白糸台宮永、ネタバレをする

大星選手の買ってきた「ひみつの味」ハイチュウの味当てに夢中のチーム虎姫の4人。
ところが彼女らを冷めた目線で見ている人物が一人いた。
先日すでにひみつの味をコンプリートしていた白糸台宮永選手である。

宮永選手は真剣な表情で舌利きをしている大星選手らに「淡の舌は小学生レベルにも満たないみたいだね(ニッコリ」と先制パンチを浴びせ、そのままひみつの味の内容を熱いネタバレ。
これに怒りを表した彼女らを「この程度の舌利きもできないから癖に気づかれるではないか」「そういう洞察力が足りないとダマの11600に振り込んだり、字牌の地獄単騎にひっかかったりする」と一喝した後、ウキウキでその場のハイチュウを完食する。
しかしこの行動に後輩らが「いくら偉いからといって無遠慮にネタバレをしてもいいのか」と反発し、余りのハイチュウを宮永選手に投擲。
普段であればこの程度の反乱はコークスクリューでいなせる宮永選手だったが、このときは歯にくっついたハイチュウの処理で完全に隙だらけ。
そのまま宮永ホーンの髪の隙間に溶けたハイチュウを流し込まれ、無事窒息死となった。

これについて清澄宮永選手は「大星がとっとと負ければ準決勝はもう終わっていた。ネタバレに苦しむ人がでたのは大星のせい」とコメント。

なお発売日にはまにあうもよう

白糸台宮永、節分を楽しむ

節分ということで豆まきをすることになった白糸台高校麻雀部。
投げる用の豆はスムーズに用意できたものの、鬼決めでつまづいたようだ。

節分の鬼役を受けるということは、豆を満足に食べられないことに繋がる。
お菓子に目がないチーム虎姫メンバーがそんな貧乏くじを引きにいくことも当然なく、事態は泥沼の多数決へと発展した。
多数決の結果、4:1の僅差で鬼役は宮永選手に決定。
豆や弓矢にルアー、熱いお茶を浴びせられいつものように死亡するかと思われた宮永選手だったが、この日は一味違う。
投げられた豆は食べてそれ以外はコークスクリューで弾き返すという見事な反射神経を見せつけるなど、インターハイチャンピオンの実力を発揮。
逆にチーム虎姫メンバーへの逆襲を始め、「お菓子をくれないと豆を投げる」といわんばかりに豆を投擲するなど若干季節外れでお茶目な部分も。
調子に乗った宮永選手はそのまま恵方巻きにもかぶりついたものの、誤ってわさび抜きでないほうを食べてしまい結局死亡した。

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんのお豆を食べたい」とコメント。
手にはなぜか刃物が握られていた。

なお雛祭りにはまにあうもよう

白糸台宮永、角を分割払いで売られ死亡

宮永選手は怒っていた。
どうして先鋒戦で10万点近く稼いだ点数が全てなくなっているのか―――――
これもひとえに他の部員の雀力不足が原因と考えたようで、部内での緊急特打ちを開始した。

失点を続けた戦犯らに宮永選手は「中途半端に点棒を減らして…そんなんだから体重も中途半端にしか減らない」「私が和了らないのは東1だけ、渋谷が和了れるのは南4だけ」「私は別に鳴かなくても五巡以内に和了れる」と言いたい放題。
まだ戦犯が決定していない大星選手にも「くれてやるってのはお菓子のことだよね(ニッコリ」と手持ちのお菓子を全て奪うなど暴虐の限りを尽くし、したり顔を見せた。
ところがチーム虎姫のメンバーは自分達の力不足を重く見ていたようで「照の強さの秘密は何なのか」を真剣に検討。
「宮永ホーンを皆で分け合えばいいのでは」という結論に至り、この名案にはチーム全員(約四名)も大筋で同意。
宮永ホーンはSSやカメレオンビームにより334個に切断され(この時に宮永選手は死亡)、分割払いで無事全国の雀士に送りつけられた。

これについて清澄宮永選手は「それでしたらこの女の宮永ホーンを自由に分割していいですよ(ニッコリ」と語り、金髪の女性を差し出した。

なお決勝戦にはまにあうもよう

白糸台宮永、契約更改でゴネる

本日白糸台高校麻雀部室で行われたエース宮永選手の契約更改。
「円満な交渉を期待している」と弘世選手の談だったが、どうも順調にはいかなかったようだ。

交渉の場で宮永選手に提示された条件は「毎日ポテチ2袋+エンゼルパイ5個+ショートケーキ2日に一個(+出来高払い)」というもの。
出来高の内容には「道に迷わない」「他人のお菓子を奪わない」「麻雀牌以外にコークスクリューを打たない」といった条件が含まれており、これを宮永選手は球団の信頼が低いととったようだ。
「誠意は言葉ではなくお菓子」「大星だって来年もあの成績を残さないと上がらない。 税金も払えない」とフロントへの不満を語った宮永選手。
お菓子に対して強欲すぎるのではないかという報道陣の質問には「上がった分は(後輩に)寄付するつもりだった」と後輩思いな一面を見せ、自分のためだけの銭闘ではないということを強調した。

この後宮永選手はFA権の行使を発表。
交渉の為と長野県に向かったところなぜか大阪府まで行ってしまい、荒川病院に顔パスで連行、入院、束縛、隔離。
そのままお菓子を与えられずに無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんと終身契約を結びたい」とコメント。
資金の為に同学年の片岡、原村選手の解雇も辞さない構えを見せた。

なお明日の更改にはまにあうもよう

白糸台宮永、スマブラに参戦

国民的人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」に、国民的容疑者こと白糸台宮永選手(3年)が参加することが28日にわかった。
宮永選手はゲームのラスボス兼隠しキャラとして出演する模様で、 技などのアクションも多数用意されている。
必殺技のコークスクリューや利きシャンプー、お菓子をあげなければすねて技を出さなくなるなど非常にリアリティー溢れる設定になっており、テストプレーを担当した弘世選手は
「スティックを倒した方向と真逆に照が動き出してびっくりした」「開始数秒は順調だったがくすだまから出てきた食べ物をスルーしたら拗ねて言うことを聞かなくなった」「正直なんでゲームでまで照の世話をしなければならないのかがわからない」とコメント。
高い再現性が評価された格好だ。

このキャラを最大限に活用したいと開発部は宮永選手に100人組手への参加(やられる側)も要望。
「(ふっとばされる表現が)合成なら」と渋々承諾した宮永選手だったが、部員らの熱い要望でふっとばされる度に死んで間に合う仕様が予定通り採用に。
シャープシュート、カメレオンビーム等を浴び続けた宮永選手は案の定死亡となったが、今もステージの上空から間に合い続けている。

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんの魅力に目を付けた開発部の有能さを褒めたい。でも組手のやられ役は大星が適役ではないか」とコメント。

なおWi-fi対戦にはまにあうもよう
ここがトップページへのリンク、はっきりわかんだね
TOP is God
.
最新コメント
まずうちさぁ、Twitterあんだけど・・・
この垢は更新報告のみです。
アクセスカウンター

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ