宮永照

このブログは「咲-Saki-」のファンサイトではありません。
一般的なファンには理解できない記事、辛口批判があるのは当然です。
それが許せないからといって感情的に論戦、煽りを仕掛けても論外です。
無理をして閲覧する必要はありません。あくまで自分に合ったサイト、BBSを楽しみましょう。

白糸台宮永、WBC代表に喝

連続して無様な試合を見せてしまっている侍ジャパン。
彼らの元に、麻雀界最強と呼ばれているあの畜生が激励に訪れていたことが分かった。
白糸台宮永選手終身名誉菓子狂い(18)である。

先日の「侍ジャパン、阪神に完封負け!」というニュースを見た宮永選手は、タイガースという名前とチーム虎姫に繋がりを感じたのか「(中継ぎが不安定なチームに完封負けは)いかんでしょ」と呟くと愛車のレクサスで侍ジャパンの練習地へ直行。
道中「(俺が代表に参加しちゃ)いかんのか?」と叫ぶキンタマ顔のリリーフカーと衝突するハプニングもあったが(リリーフカーはこの時大破)、なんとか目的地に到着した。
練習場に入ると宮永選手はまず背番号24の選手を発見。その選手の妙に長いアゴと自らの角を照らし合わせて親近感を感じたのか宮永選手は営業スマイルで熱い声援を送る。
背番号24の選手も宮永選手のことを知っていたようで「自分がいくら頑張ってもチームが勝てないというのは本当に気の毒」「ただその分そこから出れた時の喜びは大きい」と助言。
トッププロからの金言を貰った宮永選手はその後腹ごしらえということで、グラウンド上のお菓子を物色し始める。
ところがそこに打撃練習中のボールが飛来し、なんと宮永ホーンにゴッツン。
宮永選手は角を陥没骨折し、病院での診察の結果軽傷で手術の必要はないとのことで無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「侍ジャパンも白糸台高校も三連覇がかかってますね。最後の最後で戦犯が出ないといいですけど(ニッコリ」とコメント。

なお本戦にはまにあうもよう

白糸台宮永、大型トレードを画策する

終身名誉菓子狂いで知られる白糸台宮永選手容疑者(18)が麻雀界に例を見ない大型トレードを画策していたことが先日、警察の調べで明らかになった。
トレードの内容は「チーム虎姫の四人とミスタードーナツ3年分の交換」というもので、店頭に華が欲しかったミスタードーナツさんサイドとお菓子が欲しかった宮永選手の思惑が一致した格好。
ところがスムーズなトレード成立とはならなかったようだ。

宮永選手は部室に入るとトレードの内容をチームメイトに説明。
当然「テルーは私たちよりお菓子の方が大事なのー?!」「どうせなら阿知賀にあるミスタードーナツの売り子にしてくれ」などの罵声が飛んだが、
「目の前にドーナツの山を見せられて冷静さを失った」「その流れであまり考えずに契約書にサインをしてしまった」と語る宮永選手に四人は呆れ顔。
そのままトレード成立かと思われたが、ここで弘世選手が宮永選手を四分割し、トレードの弾とすることを提案。
即座に同意した四人によって宮永選手はまず角と体に二分割され、その後角を三分割されたことにより無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「大星の頭、胴体、手、足で四つとすればよかったのでは」と持論を展開。

なおドーナツは四人で山分けされた模様

白糸台宮永、花粉症で死亡

あの畜生が今度は花粉と対決だ――――――
終身名誉菓子狂いとして知られる白糸台宮永選手が、先日花粉症を発症していたことがわかった。
この日宮永選手は角にマスクをつけ外出したものの効果は薄く、くしゃみくしゃみアンド鼻水。
目も痒いということで部活の練習中も集中力を欠いてしまい、これには弘世部長も呆れ顔。
「お菓子があれば症状が収まるかも」という宮永選手の意見を聞き流し、「そんなに花粉症が大変なら花粉と戦ってくればいいじゃないか」と適当な言葉を返した。

これを真に受けた宮永選手は近所のスギ林に愛車のレクサスを走らせる。
ハンドルを鼻水だらけにしながらも無事目的地に到着した直後、まずは手始めにスギの木をお得意のコークスクリューフルスイングで伐採。
木をじゃんじゃん倒していった宮永選手であったが、周りにスギ花粉が飛散していることを察知する。
いざ合戦とスギ花粉と熱いインファイトを開始したものの、角のマスクが外れてしまったのが勝負のあやに。
花粉をおもいっきり吸い込んだ宮永ホーンは鼻づまりを起こしてしまい、呼吸ができなくなってしまった宮永選手は無事窒息死した。

これについて清澄宮永選手は「花粉症を治す手段というのは確立されていません。やはり実験材料が必要では(ニッコリ」とコメント。
手には何故か長めの金髪が数本握られていた。

なおヒノキ花粉の季節にはまにあうもよう

名探偵大星、難事件を解決する

見た目は高一、頭脳は100年生でおなじみの白糸台大星選手がまたまた難事件を解決した。

今回の事件の内容は、部の備品の菓子類に『どくいり きけん たべたら しぬで かい人ギギギー』という怪文書が入っており、食べるに食べられなくなってしまったというもの。
容疑者に上がったのは前日に自主練習にきていたチーム虎姫の四人(大星選手は寝坊)だ。
四人それぞれに確実なアリバイがあり、事件は迷宮入りかと思われた中、大星選手は尋問を開始する。
すると宮永選手が尋問に答える度角が伸びていっているのを同選手は発見した。
「テルーはお菓子が大好き?」「はい」 角は伸びない。
「最近お腹のお肉がつまめる?」「いいえ」 角がぐぐっと伸びる。
ひょっとしてテルーは嘘をつく度に角が伸びるのではないか―――――
この仮説にある程度の確信を感じた大星選手は宮永選手に「今回の事件の犯人はテルー?」と質問。
宮永選手が「いいえ」と答えたと同時に宮永ホーンはこの日最長の伸びを記録した。

大星選手の活躍でお縄となった宮永選手は「お菓子を独り占めしたかった」と動機を語る。
これを不憫に思った大星選手は宮永選手にお菓子をプレゼントしたが、なんとそれはただの空箱。
見事に騙された宮永選手は怒りのコークスクリューを打ち込もうとしたが、お菓子不足で竜巻は発生せず無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「名探偵コナンは毎週のように死人が出ますよね。次の被害者は誰かな(ニッコリ」とナイフを手にコメント。

なお来週の連載にはまにあうもよう

白糸台宮永、タンスのカドに角をぶつけ死亡

休日ということでパジャマ姿のまま家でゴロゴロしていた白糸台宮永選手。
買い貯めておいたお菓子をバリボリとつまみつつTVを見ていると、新しいスイーツ店の広告CMが。

早速食べてみたいがこの寒いなか外出するのは気が進まないということで、弘世選手に電話をかけた宮永選手。
「あの店のケーキを買ってきてほしい 一日五食限定の方ね」との命令を弘世選手は「自分で買ってくればいいだろう」「動かないで菓子を食べてるばかりだと太るぞ」と正論の雨を浴びせ一蹴。
なおも食い下がる宮永選手だったが、「一日ずっと食っちゃ寝していたらどれくらい太るか」という弘世選手独自の研究結果(宮永選手を諌めるためのでっちあげ)を示され、完璧に抑え込まれてしまった。
弘世選手のデタラメに完全に騙された宮永選手は焦って家内で運動を始め、コークスクリュー素振り、宮永ホーンで腕立て伏せといったメニューをこなしていく。
ところがランニングの最中に宮永ホーンをタンスのカドにぶつけてしまったのが致命傷に。
傷口から大量の血液を流し、無事永眠した(6時間睡眠)。

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんの角をガードするためのSPが必要なのではないか」とスーツ姿に拳銃を持ってコメント。

なおベルトの穴はまにあわんもよう

白糸台宮永、満員電車でポテチを食べ死亡

これから出勤という人が大多数の憂鬱な満員電車に、あの畜生が現れた。
「終身名誉菓子畜」こと、白糸台宮永選手容疑者(18)である。
宮永選手は今朝、最寄り駅のホームに立つとぎゅうぎゅう詰めの車両に対してコークスクリューを一撃。
駅員の力を借りるまでもなく乗客を奥まで押し込むと、空いたスペースに余裕を持って乗車した。

その駅で下車予定だった乗客からの熱い声援を聞き流しつつ、なんと宮永選手はお菓子の袋を開封。
サラリーマンたちのスーツにカスがこぼれているのに目もくれずバリバリとポテチを貪っている内に電車は新宿駅に到着し、宮永選手も下車の準備に入る。
ところがホームには通報を受けた弘世選手が待ち構えており、SSの準備も万端の様子。
「昨日のラッシュで鞄のお菓子を押し潰されてしまい、復讐したかった」という宮永選手の供述も情状酌量の余地なしと見なされ、SSで反対側の扉まで吹っ飛ばされてしまう。
そのまま宮永選手は角を扉に挟まれ無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「大星が満員電車でボロボロにされる展開希望です(ニッコリ」とコメント。

なお帰宅ラッシュにはまにあうもよう

白糸台宮永、タルタルソースに溺れて死亡

チーム虎姫で一日四食限定の定食を食べてくるということで、ランチをハブられてしまった白糸台宮永選手。
部室に誰もいないことをいいことに備品のお菓子を貪っていたものの、やはりちゃんとした昼食が食べたくなってしまう。
そのままファミレスに向かったようだが、案の定平和なランチタイムとはいかなかったようだ。

ファミレスに入ってからしばらく後、一人で店内にいることに若干の劣等感を感じつつあった宮永選手は奥の席に見覚えのある面子を発見。
どうやら長野県龍門渕高校のメンバーだったようで、同じくランチの最中らしい。
インハイ経験者のよしみだ、ちょっとお菓子を強奪してやろうとテーブルに近付いた宮永選手であったが、なんと龍門渕一同の手持ちにお菓子は皆無。
これに腹をたてた宮永選手は天江選手の前にあるエビフライのタルタルソースを宮永ホーンで全て舐めとり、驚愕する龍門渕メンバーの前で勝利のガッツポーズを見せる。
ところがそこに龍門渕国広選手の注文したタルタルソースの追加(9800kg)が到着し、宮永ホーンにドバババババッバ
コークスクリューで決死の反抗を図った宮永選手だったが、天江選手のイーシャンテン地獄でツモ和了までこぎつけることができず。
そのままタルタルソースが角にこびりついた影響で無事窒息死した。

これについて清澄宮永選手は「衣ちゃんに大星にあの角女…金髪にはろくなやつがいない」と憎しみのこもったコメント。

なお食後のデザートにはまにあうもよう

白糸台宮永、一か八かの勝負で死亡

先日の練習中、いつものように部員のお菓子全てを強奪した白糸台宮永選手。
そのまま手持ちのお菓子すべてをかけた対局を大星選手に持ち掛け、同選手はこれを快諾する。
近くにいた部員二人を集め、白熱した対局を繰り広げていたところに事件は起きた。

東一局、大星選手が起家で対局はスタート。
様子見の0本場は大星選手が18000を和了り、一本場となったところで宮永選手に電流が走る。
大星選手が親番の間はダブリーを消すことができない――――――
それならばと鳴きで早和了を図った宮永選手だが、なぜか他家から鳴ける牌が全く出てこない。
どうやら宮永選手が適当に選んだ部員は大星選手が買収済みだったようだ。
他家の絞りに苦しんでいると大星選手は18000は18300を和了り、対局はトビ終了寸前に。
なんとかしてダブリーを止めねばと宮永選手がとった行動は、なんと宮永ホーンで大星選手のダブリー宣言牌を弾き返すというもの。
お菓子への卑しさ溢れるフルスイングでダブリーを阻止したところまではよかったが、その瞬間「ブチッ」という音が響き渡る。
角を肉離れしたようで、ジャッジの亦野選手も対局続行は不可能の判定。
約束通りお菓子を全て奪われた宮永選手は大星選手らが楽しそうにお菓子を食べる姿を見ながら無事憤死した。

これについて清澄宮永選手は「コンビ打ちをする大星は雀士の屑。仕方ないんで清澄の大将とトレードしてあげますよ(ニッコリ」と白糸台麻雀部の首脳陣を気遣うコメント。

なお宮永選手の患部は絶対安静のもよう

白糸台宮永、石焼きされ死亡

冬と言えば石焼き芋を想像する方は少なくないだろう。
ここ白糸台高校前にも例によって石焼き芋販売の車が通ったが、当然こんなチャンスにあの畜生がしゃしゃり出て来ないわけがない。
終身名誉お菓子中毒こと白糸台宮永選手容疑者(18)の登場だ。

練習中だった宮永選手は車の放送を聞くと目の色を変え、一旦席を離れ石焼き芋を買ってくることを同卓の弘世選手に提案。
案の定ふざけるなとSSを宮永ホーンに打たれ死亡したが、この日の宮永選手は一味違う。
角に刺さった矢を自らの手で抜き取ると、「菫には恩義もあるし愛着もある。ただここにいると焼き芋がダメになると思った」と言い残し、そのまま校外へと駆け出していった。
およそ3,34秒後販売車の前に到着した宮永選手だったが、ここで財布を部室に忘れてきたことが発覚。
運転手のドラローさん(仮名)に「後でお金を取ってくるから先に芋を渡してほしい」と交渉したものの、「おもちつけて出直してこい」と取り合ってもらえず。
これに激怒した宮永選手はドラローさん(仮名)をコークスクリューで吹っ飛ばし、車内の焼き芋の強奪を図る。
ところが石焼きの装置に近づいた途端宮永ホーンが炎上し、無事焼き芋屋の商品となって死亡した。

これについて清澄宮永選手は「焼き芋…石焼き…炎…うっ頭が」と白々しいコメント。

なお宮永ホーンはほっかほかのホックホクなもよう

白糸台宮永、きのこたけのこ戦争を治めて死亡

白糸台高校麻雀部室内で、なんと喧嘩が発生―――――
約一名を除いて日々平穏な生活を送っているチーム虎姫にとって、このようなことはまさに異常事態。
どうやら、「きのことたけのこの戦い」が原因だったようだ。

闘争の内情はきのこ派に大星、渋谷両選手、たけのこ派に弘世、亦野選手を擁しての二対二で、当然残り一人の宮永選手に目線は集中。
やはりお菓子の格付けには確かなものがあるということで、食べ比べをしてもらうことになった。
しかしそこはさすがの畜生、ただでは手伝わないということできのこたけのこ共に5箱分を要求。そこに弘世選手が「5箱と言わず10箱買ってやるから、たけのこのほうがおいしいと言ってくれ」と密約を交わし、漸く食べ比べがスタートした。

きのこたけのこの計20箱を約10分で完食した宮永選手。四人にどちらがおいしかったかと聞かれた途端、同選手はなんと外へと猛ダッシュする。
「タダでお腹一杯にさせてもらって菫には感謝している(ニッコリ」と約束を破棄ししたり顔の宮永選手であったが、今日は霰模様だったのが運のつき。
霰に目を潰されて痛がっていたところ弘世選手のSSが宮永ホーンに見事に命中し、帰らぬ人となった(後に帰宅)。

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんのキノコが食べたい」と語り、キノコ採集用のスコップ等を用意した。

なおたけのこが生える季節にはまにあうもよう
ここがトップページへのリンク、はっきりわかんだね
TOP is God
.
最新コメント
まずうちさぁ、Twitterあんだけど・・・
この垢は更新報告のみです。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ