最近巷で流行りのカップリング「宥菫」。
この風潮に待ったをかける畜生が現れた。
「お菓子総受け」こと白糸台宮永照選手容疑者(3年)である。
愛車の宮永ホーンエンブレムに乗り込んだ宮永選手は、奈良の松実館に直行。
道中岩手県で八尺様に襲われるハプニングもあったが、無事目的地に到着した。

ノーアポで松実館に突撃した宮永選手は「おねーちゃんに手を出さないように!」と体を張った松実玄選手を「この旅館では焼き鳥を扱っていますか?」という質問で一発K,O。
そのまま松実宥さんのいる部屋へ入ると「この部屋暑くないですか?私のコークスクリューで風を送ってあげますよ」と先制パンチを浴びせ、その後も「菫がいなくなると私は(本当の意味で)生きていけない」「おもちが大きすぎて菫としては邪魔なのでは」などと言いたい放題。
もはやこれまでか、と思われたところで話を聞き付けた弘世選手のSSが間に合い宮永選手の顔面に直撃。
無残にもその勢いで部屋の炉に落ちた宮永選手は、宥菫のイチャラブを眼前に突き付けられながらお菓子不足で死亡した。

これについて清澄宮永選手は「やはり咲照こそがコモンセンス。大星なんて『さんずい』の部分も入らないのでは」とコメント。

なお咲和にはまにあわんもよう