次回の咲-saki-阿知賀編はついに最終回。
月刊ガンガンの発売が待たれる中、これまで毎月非ネタバレ派が望まぬバレを受けていることも事実。
この事態に怒りと空腹を示したのが「お菓子が絡まなければ聖人」こと白糸台宮永選手である。

宮永選手はガンガンを刷っている印刷所に愛車のレクサスで直行すると、ページ画像を横流ししている社員をコークスクリューで撃破。
「ネタバレのせいで私のお菓子狂がバレた」「菓子会社に警戒され工場に入れなくなってしまった」などと私的な恨みをぶつけつつ印刷所内を散策していた宮永選手だったが、ここですでに製本済みのガンガンを発見する。
このガンガンに細工をすればネタバレもなくなるのではないか―――
この本末転倒な考えに従い宮永選手のとった行動は、なんとガンガンのページをチョコまみれにするというもの。
これなら雑誌を購入した人も漫画とチョコが楽しめて一石二鳥だと満足げな同選手だったが、ページ内の自身の宮永ホーンにチョコがかかってしまい無事窒息死した。

これについて清澄宮永選手は「ネタバレなんて見るまでもなく大星が戦犯なのはわかりますね(ニッコリ」とコメントし、大星選手を煽るコメントをネット上に書き込んだ。

なお発売日にはまにあうもよう