咲-saki-ネタ記事

このブログは「咲-Saki-」のファンサイトではありません。
一般的なファンには理解できない記事、辛口批判があるのは当然です。
それが許せないからといって感情的に論戦、煽りを仕掛けても論外です。
無理をして閲覧する必要はありません。あくまで自分に合ったサイト、BBSを楽しみましょう。

白糸台宮永、復活して死亡

白糸台宮永選手が「お菓子絶ち宣言」をしてはや数週間。
白糸台高校の麻雀部室や各社の菓子工場には平穏が訪れ、各々がそれを楽しんでいた。
ところが、その平穏をぶち壊す不届きものが現れたようだ。
他ならぬ終身名誉菓子狂いこと、白糸台宮永容疑者(18)である。

荒川医師らの献身的な治療で一時は真人間に戻った宮永選手であったが、助手の池田氏が同選手の病室内でポテチの袋を開けてしまったのが痛恨のミス。
コンソメパンチ特有の香りで瞬く間に全てを思い出した宮永選手は「私はイエスと同じ」「お菓子さえこの世にあれば何度でも蘇る」と同氏のポテチをわずか0,0334秒で完食し、愛車のレクサスで白糸台高校麻雀部室へと向かった。
部室に入るなり宮永選手は弘世選手に「完全に改心した、私はもう大丈夫(ニッコリ」と白々しい嘘を吐くと、感動に涙腺を震わす同選手を尻目に他の部員のお菓子を強奪強奪アンド強奪。
当然それに気付いた弘世選手がSSを飛ばすものの先ほどの涙の影響で狙いが定まらず。
全てが宮永選手の思惑通りに進み、もはや万事休すと思われたところで同選手に異変が発生。
どうやら病み上がりで無理をしたことにより宮永ホーンを攣ってしまったようだ。
角を抑えてうずくまる宮永選手はチーム虎姫のメンバーに袋叩きにされ、そのまま病院に搬送、無事死亡が確認された。(死因は司法解剖)

これについて清澄宮永選手は「お姉ちゃんもキリストと同じようにみんなの罪を償うために一度死んだ。それでも大星や金髪角女の罪は償いきれませんね(ガッカリ」と今後も徹底抗戦の構えを見せた。

なお新暦の開始には間に合う模様

白糸台宮永、卒業する

春は出会いと別れの季節。
あのお菓子畜生もその例に漏れず、仲間との別れを迎えようとしていた。
白糸台宮永終身名誉菓子狂い(18)である。

卒業式当日を迎えた宮永選手だったがそんなことは目にもくれず、いつも通り江崎グリコの菓子工場に侵入。
「おいしくて強くなる…うちの中継ぎにも食べさせたい(ニッコリ」とビスコを食べあさりしたり顔の同選手だったが、ここで卒業シーズン限定のパッケージを目にし、今日が卒業式であったことを思い出す。
さすがの畜生も晴れの舞台に遅刻はまずいと思ったのか愛車のレクサスを飛ばしに飛ばし、奇跡的に迷子になることなく白糸台高校へと到着。
何とか卒業証書授与にも間に合い一息ついた宮永選手だったが、ここでふと思いを馳せる。
自分は一体これまで何度間に合ってきたのか。そしてこれから何度間に合えばよいのか――――――
不意に自らの高校三年間が空虚なものに思えてきた同選手は卒業証書を貰った後もどこか虚ろな雰囲気を醸し出していたが、目の前の証書を入れる筒みたいなやつをトッポと勘違いすると目の色が一変する。
お菓子さえあればそんなことはどうでもいい―――そう言わんばかりに筒みたいなやつを3,34秒で完食し、クラスメートの物にも手をつけようとした刹那、弘世選手からお決まりのSSが宮永ホーンに襲来。
薄れ行く意識のなか、これで見納めと宮永選手の醜態を笑いにきたチーム虎姫を見て、宮永選手は悟る。
私には、三年間でこんな素晴らしい仲間が出来たじゃないか――――――
幸せな心持の中再び間に合いつつある宮永選手は、偶然訪れた阿知賀のドラロー選手(17)に宮永ホーンを足で踏まれ無事帰らぬ人となった。

これについて清澄宮永選手は「私もお姉ちゃんから卒業しないといけないのかも……でも私だけが卒業するのは不公平ですよね(ニッコリ」とコメント。
自らの恋敵をこの世から卒業させる構えを見せた。

なおもうテッルがまにあうことはないもよう

白糸台宮永、二飜縛りで死亡

インターハイチャンピオン、ついに陥落―――――――
麻雀界随一の畜生として知られる白糸台宮永選手容疑者(18)が先日部内で行われた練習試合で大敗、レギュラー落ちしていたことが警察の調べで明らかとなった。
宮永選手のレギュラー落ちは同選手の入部以来初めてのことで、今回の事態は異例中の異例。
一体畜生の身に何があったのだろうか。

練習試合の数日前、新発売のお菓子を買いに行くため部活をサボった宮永選手に「エースのお前がその調子では後輩に示しがつかない」と弘世選手は指摘。
これに宮永選手が「私はお菓子さえあれば負けることはない」「もし練習試合で私が負けたら、お菓子を一ヶ月絶ってもいい」と軽口を叩いたのが今回の事件の起こりだった。
この発言を受けて練習試合のルールに加えられたのが「二飜縛り」という規制。
二飜以上の役でないと和了ってはいけないというルールなのだが、これが宮永選手にとっての致命傷に。
ダブリーやトイトイ、オーラスの一撃で縛りを物ともしないレギュラー陣の陰で、宮永選手は連続和了を始めることができず焼き鳥を連続。
弘世選手と同卓となった試合で「私が悪かった」「これからは真面目に練習するからお菓子絶ちだけはなかったことにして」と涙ながらの訴えを起こしたものの、ロン(物理)にシナシナの宮永ホーンを貫かれ無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「どうせ大星が戦犯になるからお姉ちゃんはすぐにレギュラー復帰ですね(ニッコリ」とコメント。

なおまにあわんもよう

白糸台宮永、クールビューティー一位になり死亡

現在咲-saki-アンテナで開催中のクールビューティー選手権。
現在四位という好位置につけている白糸台宮永終身名誉菓子狂い被告であったが、なにやら不満げな表情を見せている。
一体何が気にくわないのか―――

元々投票結果にあまり興味のなかった宮永選手だったが、チームメイトの大星選手から「一位になるとお菓子がもらえる」といった情報を聞き付けると目の色を変え、複数のIPから自身の選択肢に投票投票アンド投票
ところが個人の力には限界があり、一位の弘世選手から三つ下の四位につけるのがやっと。
それならばと宮永選手は自らブログを設立し、弘世選手がまたベルトの穴を一つ緩めたこと、プリキュアの新シリーズで登場した玩具を全て集めていることなどを赤裸々に告白。
この影響もあり段々と順位が落ちていく弘世選手とそれによって上がっていく自身の順位にご満悦の宮永選手であったが、ブログのコメント欄をチェックしてしまったのが運のつき。
弘世選手からの罵詈雑言に満ちたコメントを開いた途端、デスクトップからSSが襲来し無事死亡した。

これについて清澄宮永選手のコメントは、アンテナへの複数投票に夢中で聞けなかった。

なお不正票の一斉削除にはまにあうもよう

白糸台宮永、ネタバレ阻止に失敗し死亡

次回の咲-saki-阿知賀編はついに最終回。
月刊ガンガンの発売が待たれる中、これまで毎月非ネタバレ派が望まぬバレを受けていることも事実。
この事態に怒りと空腹を示したのが「お菓子が絡まなければ聖人」こと白糸台宮永選手である。

宮永選手はガンガンを刷っている印刷所に愛車のレクサスで直行すると、ページ画像を横流ししている社員をコークスクリューで撃破。
「ネタバレのせいで私のお菓子狂がバレた」「菓子会社に警戒され工場に入れなくなってしまった」などと私的な恨みをぶつけつつ印刷所内を散策していた宮永選手だったが、ここですでに製本済みのガンガンを発見する。
このガンガンに細工をすればネタバレもなくなるのではないか―――
この本末転倒な考えに従い宮永選手のとった行動は、なんとガンガンのページをチョコまみれにするというもの。
これなら雑誌を購入した人も漫画とチョコが楽しめて一石二鳥だと満足げな同選手だったが、ページ内の自身の宮永ホーンにチョコがかかってしまい無事窒息死した。

これについて清澄宮永選手は「ネタバレなんて見るまでもなく大星が戦犯なのはわかりますね(ニッコリ」とコメントし、大星選手を煽るコメントをネット上に書き込んだ。

なお発売日にはまにあうもよう

白糸台宮永、病床の園城寺選手を激励

インターハイ準決勝先鋒戦での無理がたたり、入院することになってしまった千里山園城寺選手。
未だ全快でない彼女のもとへ、あの畜生が冷やかしに訪れていたことが当社の取材で明らかとなった。
「猟奇的菓子狂い」こと白糸台宮永選手容疑者である―――

病室に入ると宮永選手は「試合後急に倒れてしまったので心配」「私のせいかと思い不安だった」などと意外な聖人ぶりを見せ、これにはお見舞いに来ていた清水谷選手らも安堵の表情を浮かべる。
ところが、「よーきたなチャンピオン、まあ果物でも食べていかへんか?」と江口選手が声をかけた途端に状況は一変。
病室中の果物を皮も剥かずに数秒で完食した宮永選手は「まだお菓子が足りない」と千里山メンバーの私物の菓子類を強奪強奪アンド強奪
清水谷選手が園城寺選手の為に買ってきたお菓子も全て食べつくしただけでなく「甘いものを食べて喉が渇いた」という理由で園城寺選手の点滴を飲み干し、ようやく満足した宮永選手は病室を出る体勢に。
しかしそこに通報を受け駆けつけた弘世選手が登場、例によってSSでの銃撃戦が始まったものの流れ弾が泉選手に激突するなど事態は泥沼化。
どさくさに紛れて窓からの脱出を図った宮永選手だったが、園城寺選手の手で角にリー棒を立てられてしまい無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「園城寺選手の負傷は麻雀を楽しんだ結果。それは大星にも言えることだと思います(ニッコリ」と大星選手の病院送りを予告した。

なお決勝戦にはどちらもまにあうもよう

白糸台宮永、テルノミクスを立ち上げ死亡

白糸台宮永終身名誉菓子狂い大臣(18)が仰天プランを発表した。
現在の日本の景気回復傾向に便乗して「テルノミクス」なる計画を実施していくという。
一体どんな政策なのだろうか――――

宮永大臣によるとテルノミクスは日本中の菓子類の循環を根本的に変えるもので、これまで各社の工場から問屋へ、問屋から販売店へといったシステムを改正し、、各社の工場から一旦宮永選手の元へお菓子を集める体制になるという。
この改革を行うことによって、宮永大臣の腹がふくれる、お菓子を買ったり奪ったりする手間が省けるといった経済効果が見込めることを同大臣は笑顔で語ってくれた。
当然各店舗にお菓子を回すことも忘れずに、宮永大臣が飽きた、おいしくない、他のものとタイプが被っているなどと判断したものを中心に安値で販売していく予定らしい。
早速新システムの稼働を開始した宮永大臣は自らの元へ山のように集まってくるお菓子を見てご満悦だったが、野党の弘世議員にその場が見つかってしまうと様子が一変。
「資本主義国家は需要と供給の量が自然に整うから、私がちょっとくらいお菓子を食べちゃっても大丈夫」と言い訳する宮永大臣を弘世議員は「需要に見合う供給の分をお前が根こそぎ食べてたら話にならないだろ」という正論とSSで一蹴。
なんとかSSの直撃を逃れた宮永大臣であったが、その直後神の見えざる手に宮永ホーンを折られ無事死亡した。

これについて清澄宮永議員は「秘書の大星が勝手にやったんです…」とコメントし、放火等の疑惑を全てなすりつけた。

なおTPP会議にはまにあうもよう

白糸台宮永、WBC代表に喝

連続して無様な試合を見せてしまっている侍ジャパン。
彼らの元に、麻雀界最強と呼ばれているあの畜生が激励に訪れていたことが分かった。
白糸台宮永選手終身名誉菓子狂い(18)である。

先日の「侍ジャパン、阪神に完封負け!」というニュースを見た宮永選手は、タイガースという名前とチーム虎姫に繋がりを感じたのか「(中継ぎが不安定なチームに完封負けは)いかんでしょ」と呟くと愛車のレクサスで侍ジャパンの練習地へ直行。
道中「(俺が代表に参加しちゃ)いかんのか?」と叫ぶキンタマ顔のリリーフカーと衝突するハプニングもあったが(リリーフカーはこの時大破)、なんとか目的地に到着した。
練習場に入ると宮永選手はまず背番号24の選手を発見。その選手の妙に長いアゴと自らの角を照らし合わせて親近感を感じたのか宮永選手は営業スマイルで熱い声援を送る。
背番号24の選手も宮永選手のことを知っていたようで「自分がいくら頑張ってもチームが勝てないというのは本当に気の毒」「ただその分そこから出れた時の喜びは大きい」と助言。
トッププロからの金言を貰った宮永選手はその後腹ごしらえということで、グラウンド上のお菓子を物色し始める。
ところがそこに打撃練習中のボールが飛来し、なんと宮永ホーンにゴッツン。
宮永選手は角を陥没骨折し、病院での診察の結果軽傷で手術の必要はないとのことで無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「侍ジャパンも白糸台高校も三連覇がかかってますね。最後の最後で戦犯が出ないといいですけど(ニッコリ」とコメント。

なお本戦にはまにあうもよう

白糸台宮永、大型トレードを画策する

終身名誉菓子狂いで知られる白糸台宮永選手容疑者(18)が麻雀界に例を見ない大型トレードを画策していたことが先日、警察の調べで明らかになった。
トレードの内容は「チーム虎姫の四人とミスタードーナツ3年分の交換」というもので、店頭に華が欲しかったミスタードーナツさんサイドとお菓子が欲しかった宮永選手の思惑が一致した格好。
ところがスムーズなトレード成立とはならなかったようだ。

宮永選手は部室に入るとトレードの内容をチームメイトに説明。
当然「テルーは私たちよりお菓子の方が大事なのー?!」「どうせなら阿知賀にあるミスタードーナツの売り子にしてくれ」などの罵声が飛んだが、
「目の前にドーナツの山を見せられて冷静さを失った」「その流れであまり考えずに契約書にサインをしてしまった」と語る宮永選手に四人は呆れ顔。
そのままトレード成立かと思われたが、ここで弘世選手が宮永選手を四分割し、トレードの弾とすることを提案。
即座に同意した四人によって宮永選手はまず角と体に二分割され、その後角を三分割されたことにより無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「大星の頭、胴体、手、足で四つとすればよかったのでは」と持論を展開。

なおドーナツは四人で山分けされた模様

白糸台宮永、花粉症で死亡

あの畜生が今度は花粉と対決だ――――――
終身名誉菓子狂いとして知られる白糸台宮永選手が、先日花粉症を発症していたことがわかった。
この日宮永選手は角にマスクをつけ外出したものの効果は薄く、くしゃみくしゃみアンド鼻水。
目も痒いということで部活の練習中も集中力を欠いてしまい、これには弘世部長も呆れ顔。
「お菓子があれば症状が収まるかも」という宮永選手の意見を聞き流し、「そんなに花粉症が大変なら花粉と戦ってくればいいじゃないか」と適当な言葉を返した。

これを真に受けた宮永選手は近所のスギ林に愛車のレクサスを走らせる。
ハンドルを鼻水だらけにしながらも無事目的地に到着した直後、まずは手始めにスギの木をお得意のコークスクリューフルスイングで伐採。
木をじゃんじゃん倒していった宮永選手であったが、周りにスギ花粉が飛散していることを察知する。
いざ合戦とスギ花粉と熱いインファイトを開始したものの、角のマスクが外れてしまったのが勝負のあやに。
花粉をおもいっきり吸い込んだ宮永ホーンは鼻づまりを起こしてしまい、呼吸ができなくなってしまった宮永選手は無事窒息死した。

これについて清澄宮永選手は「花粉症を治す手段というのは確立されていません。やはり実験材料が必要では(ニッコリ」とコメント。
手には何故か長めの金髪が数本握られていた。

なおヒノキ花粉の季節にはまにあうもよう
ここがトップページへのリンク、はっきりわかんだね
TOP is God
.
最新コメント
まずうちさぁ、Twitterあんだけど・・・
この垢は更新報告のみです。
アクセスカウンター

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ