うまくぬれたみんなは、その作品をどしどし応募してくれ!
抽選で59400名様に、とっても豪華な景品をプレゼントしないぞ!!


……で
あわあわは留学生なのだろうか?
留学といっても、from foreignの「留学」なのかスポーツ留学とかが当てはまる他県からの「留学」なのかでイメージは随分変わってくる。
非常に気になるところではあるが、私はここで作者に質問メールを送るような品のない真似は一切すべきではないと考える。
決してアンチ立として意地を張っているわけではない。
以前あわあわが「畜生が私を拾った」と発言したことから、白糸台入学前のあわあわが何をしていたのかが今後(おそらく決勝卓)で明らかになることは明白だ。
だとすれば、今ブログで中途半端に情報を小出しにされるよりも、本編で来るべき時を待とうというのが、一淡沼としての私の考えなのだ。(もちろん、本編が途中で打ち切りになる、おっさんが冨樫化するなどの事態になった場合はその限りではない。その時は、作品への質問とありったけの罵詈雑言を込めてメール爆撃を行えばいいだけの話である)

なのでみなさん、せめてこの記事をご覧になった方々だけは、今後描写されることが確実な内容を質問する、といった無粋な行為は遠慮してみませんか。
興も冷めてしまうし、第一そこまで探究心をむきだしにしては、あなたの好きなキャラも、きっと若干の気持ち悪さを抱くはずである。

(これは探究心ではなく、丹波球審である。2008年にはベストアンパイアに選ばれるなど判定は安定感バツグン、英会話もネイティブクラスで、タフィーローズが英語で言い放った暴言を聞き逃さず退場を宣告したこともあった。2014年は、クルーチーフに就任し活躍を続けている)

話を戻すが、今回一ページほぼすべてに渡った塗り絵状態、あれではあまりに寂しすぎやしないだろうか。
有珠山高校にたいした思い入れのないこの淡沼でも「これはさすがにかわいそうだ」と思ってしまった。
咲ファンの大多数が「これくらいはよくあること、全然ガマンできる」と思っているのであれば構わない。
ただ私としては、せめて髪の色くらいは、ちゃんと付けてあげるべきではないかと考えるのだが、これもおそらくアンチ立ならではの感慨なのだろう。