今週から二週間は、親しい人たちのコンクールが、二つ続けてある。

僭越ながらどちらにも助言をさせてもらえる機会があったんだけど、そこで俺は同じことを言ったんだよな。

コンクールって、音楽なんてものを採点でランク付けしようとする、無粋極まりない行事なわけですよ。
そんなものをやろうとするわけだから、仲間内で空気がすさんだり、精神的にくずれる人も出るにきまってます。
ただその中で、自分がこれから先音楽を続けるにしろ続けないにしろ、未来的に何らかのプラスになるものが得られれば、ちょっとでもコンクールに出る意義があるんじゃないでしょうか。

おそらく多くの音楽経験者が持ってる「続けてればつらいこともあるけど、いいことも起こる」っていう見解を全く持ってないおれだけど、これだけは心から思ってるんだよな。
これさえできれば、いつかは「音楽をやっててよかった」というふうになれるはず。
そしておれはそれができなかったから、今このふぬけになってるんだよな。
ほんとに苦しいわ。


最近のこの路線はなんなん?って人はクリック!→