まず文句から
あわあわ編は後日あげる

①ページ数が少なすぎる
信彦さんの毛髪に勝るとも劣らないスカスカっぷりである。
最近休載を挟んでいないからしかたないよう(´;ω;`)という信者の声が聞こえてくるが、休載を二週挟んだところでページ数がたいして変わらないのは知っている。
作者のモチベーションは本当にあるのか?という点を疑わざるを得ない。
萌え豚のファンが一定数得られたから、あとは適当な仕事でも大した支障はでないであろうという気持ちもわからなくはないが、さすがにこれはサボリすぎではないか?
週刊連載の作者はこれよりたくさんのページを毎週休まず上げているということを考えると、さすがに漫画家としての適性とかそういう点に疑問符をつけたくなってしまう。
どっちかというと絵師とかアニメーターとか、そっちのほうが向いてるんじゃないか?(アニメーターの過酷な労働条件に耐えられるかどうかはおいといて)

②今の絵のタッチが個人的に嫌い
ロリ化とかなんとかいうのはよくわからないが、絵のタッチは少し前から明らかに変化している。
今週のあわあわの絵を見て改めて実感したが、私としては前の絵のタッチの方が好みではあった。
あと、おっぱいのサイズが栄村ゾーン並に可変式なのも気に入らない。
ころたんみたいな一部を除いて、どんどんでかくなっていってないか?
頼むから、その場の気分で勝ち上がり校を変えたり余計なフォロー設定を入れたりキャラの絵を大幅に変えるのはやめていただきたい。
まあ、これが単に好みの問題なのか、それとも坊主憎けりゃ袈裟まで憎い的なものなのかはわからんですけどね。



今回の批判はキレがないですね( ̄w ̄)プッという声が聞こえてくるが、それは全くその通りである。
考えてみてくださいよ。
ここでどんなに立を糾弾したところで、なんも変わらないでしょ?
そもそもこのブログ見てる可能性が微粒子レベルもないし、万万万が一見てたところで、こんなヤツの意見に真面目に向き合いはしないだろう。
それでもちょっと前まではまあヒマだったし、現実逃避感覚で力いれて記事書くこともしたが、今はそこまでヒマではない。
立叩いて内輪で盛り上がるより、もっとやることがあるんだわ。
だから、こんな感じの、馬原のカーブくらいキレのない記事になった。
ただあわあわ編は当然ながらいつものノリでつつがなく行われるので、全国二人のふじつぼっとファンは期待していただきたい。

それでは、また