いつもの記事を期待してる方々は、たびたびすんません。

ってなわけで、このブログを咲カテゴリから外した。
俺のブログに今なお外からグチグチ文句言ってる輩がいるのを見るに、どうやら咲アンテナから外れたとしても、俺のやりたいようにブログをやることは許されないらしい。
ってわけで、ライフスタイル・生活ってカテゴリに移転することにした。
これならもう咲とは全く関係ないカテゴリだし、咲ブロガーの人間から文句を言われる筋合いもないだろう。
咲ブログランキングが超絶ヌルいってのも証明できた今、あの中にいるメリットはもうない。
それにもともとこのブログは、実際にあったあわあわとの色々な出来事を一部語るってスタンスなんだから、ライフスタイル・生活でも問題は全くないだろう。
ただ、ライブドアさんサイドに再び咲カテゴリに入れられてしまった場合は、ちょっと俺の力ではどうしようもない。
他のなにでもない管理者オブ管理者の思し召しということで、みなさんには我慢してもらう他ない。
てか、アンテナから外れたのにまだここまで色々言われるって、ちょっとおかしくね( ̄w ̄)プッ
それこそ作品を「応援」するなりの時間に充てた方が、9800倍有意義じゃねーの。

さて、件の記事、見ました。(なんの記事のことかわからん人は、ここで読み終えてしまってかまわない。余計な詮索は時間の無駄である)
言いたいこと・・・って言ってもひとつしかないし、彼をここでボロックソに叩くこともしたくない。
だいたい俺は(今でも)あの人のことが嫌いじゃない(もうカテゴリも変わったので自重を緩めるが、いのけん氏のことも自分は全く嫌いではない)し、ああいう風に反対意見を非匿名で強く言える人は、貴重だし、一応の作り手としてはとっても重視すべき存在だと思っている(こういうのが「作家論(のようなもの)」なのかね?( ̄w ̄)プッ)。
ただひとつだけ言いたいのは、俺の記事を「レッテル張りがうんぬん~」と評して、俺自身にもレッテル張りと人格否定をしてやろうか~みたいなとこで、これは違うだろうと。
まず俺の「作家論(のようなもの?)」は、そもそも殆ど俺のオリジナルではない。
ある人物の影響を大いに受けて出来上がっている(無論その辺の友達とか、2chの書き込みではない)。
けっして責任を転嫁しているわけではない。ただ、俺だけでなく俺が尊敬してきたものまで叩かれてしまったような気がして、それはちょっと残念だった。(よく考えたら、これは自業自得か?( ̄w ̄)プッ)
レッテル張りと人格否定のくだりも、俺だけがそうされるならまだいい。
ただ、彼のブログの内容から思うにその行為は結果として、俺だけでなく件の俺の記事にコメント欄やTwitterで同意してくれた人々までもを対象にしているように見えた。
俺だけを叩くなら別にいーんだよ。
ただ、一定数の賛同を得たものに対してああいう扱いをされるのは、ちょっとイヤな気がした。
どうせああいう記事を書くなら、「彼のブログに賛同してる人らも今一度よく考えてくれ、彼の屁理屈と口車に乗せられてるだけだ」みたいな一文を入れ、叩きの対象は完全に俺だけに向けてほしかった。
プロならともかく、アマチュア間の作り手同士の対立なんて、そんなもんだろ。
こういうこと言うと、また「作り手論(のようなもの)」みたいなことを言われるのかもしれんけどね。

そうそう、あとひとつだけ言いたいことがあった(一つじゃねーじゃねーか!という声が聞こえてくる。大猛省に大猛省を重ねるしかない)。
彼のブログの最後の方に「批判を続けると誰も信じられなくなる」みたいな言葉を、まるでおれもそうであるorそうなるかのように書かれたとこがあったが、あなたは俺の何を知ってるんですか?
Twitterのみっぽくんとかおんじょーじ君とか、それくらいの信頼度ある人にこれを言われたら俺も一考するところがあるが、Twitterのフォロワーでもなく、俺とそういう生き方的な話をしたこともない彼に、俺の何がわかるんだろーな。
あくまで今現在の話をすると、俺が誰も信じられないというのはないし、感謝の気持ちを伝えてないみたいなことも(あくまで俺の主観では)ない。
こういった(それこそ)レッテル張りみたいなのは、心理学で言うと「自己投影」って呼ばれたりもするんだが、彼がそれなのかどうかは、俺にもわからない。
だって、俺自身も、彼のことは、全く知らないから。

最近の路線に辟易してる人、本当に申し訳ない。てかおれ自身も辟易してきた( ̄w ̄)プッ
一応念押ししておくが、カテゴリが変わったことでこのブログの内容が変わることは一切ない。
なので、全国2人のふじつぼっとファンの方々は、どうか安心して次回のテッルレやあわあわ記事(俺が本当にあわあわ好きなのかに疑問が上がってたが、これこそ愚問である)を待っていただきたい。
それでは、また