Bブロック  一位-清澄高校(通過) 二位-姫松高校(通過) 三位-永水女子高校(敗退) 四位-宮守女子高校(敗退)

清澄高校・宮永が逆転トップ。新天地でチームを準決勝進出に導いた。 

オフに清澄高校麻雀部に入部。求めたのは「勝利の味」だった。在籍した15年間では放火が1度あっただけで、プラマイゼロは実に59400度。「(試合後の)ハイタッチの喜びが薄れてしまった…」。

1勝、1敗の重みをより感じて麻雀がしたい。深く思い悩んだ末に、自分が好き勝手できそうな無名の高校への入部を決断した。それでも姉への愛着は変わらない。数年前の病院内。謎の火災事故が焼死したみなもちゃんの自殺によるものと警察に処理されたと聞くと「お!カタワゥー!」と大喜びした。

「これからも大事な場面で打ちたい」。これから何度も繰り返すであろう恋敵の殺害。その先に姉との和解が待っている、と宮永は信じている。