先ほどライブドアブログのランキングを見て、私は衝撃を受けた。

image


水面日和がついにトップ3にきている。
一位の近代麻雀生活は咲オンリーのブログではないし、やるじぇい(ピンク)も現在更新を停止していると考えると、現行の咲ブログではトップの存在ということになんら間違いはないだろう。

私は以前、ああいうブログは上にくるべきではないという主旨にもとれる発言をしてしまったことがある。
なんと愚かなことを口走ってしまったのだろうか。
ここまでくれば文句はない、水面日和並びにその管理人は、咲ブログ界の王にふさわしいものであろう。
考えてもみてほしい。
これまで咲ブログ界でトップをある程度の期間はりつづけた物は、このブログを含めていくつかあった。
しかしどこかで様々な問題(意味深)がおこり、残念なことにその全てが現在咲アンテナには掲載されていない。
しかし、水面日和はあのスタンスにもかかわらず、今も特に不自由なく活動を続けることができている。
しかも、これまでのトップブログと違い、目をはるような更新頻度があるわけでも大勢のアンテナ民に媚びる記事を書いているわけでもない。
私のブログなどには少なからず「読者受け」を狙って書かれた要素があるが、水面日和からはそういった意図はあまり感じられない(計算であのスタンスがとれるなら絶妙のバランス感覚である)。
バクマンという漫画をご存じの方はピンとくるであろうが、彼はまさしく「新妻エイジ」タイプの人間なのであろう。(俺?平丸先生あたりじゃね( ̄w ̄)プッ)

ともかく、水面日和にはこのままトップを突っ走っていただきたい。
漫画やアニメの感想記事が主体の毒にも薬にもならないブログが大半を占める中、あのブログがトップにいるのは非常に痛快である。
ってなわけで、全国三人のふじつぼっと信者の方には、是非とも水面日和(URL)にも一日一アクセスするのをお願いしたい。
F5アタックはされたブログがランキングからBANされてしまうらしいので、押すなよ!絶対押すなよ!



あんまりよそのブログを持ち上げてばっかだとまた誰かに怒られそうなので、水面日和に関する記事はこれで一旦おわりにする。
次に更新する記事はたぶんこれまで通りの記事になるはずなので、水面日和にたいして興味ない方々はどうか安心してほしい。
それでは、また