先日、vip、なんj、狼といった2ch大手の板の多数が転載禁止となった。
2chで言うとHRHM板となんjくらいしか見ない私にとってなんjの転載禁止は
シーズン開幕を間近にした今それなりに好ましいことなのだが、その一方で懸念していることもある。
それは、この転載禁止が咲-Saki-の衰退を呼び起こしてしまうのではないかということだ。
あなたはなんでも咲の衰退と結びつけるんですね( ̄w ̄)プッ対立煽りのアフィブロガーとやってることは大差ないですね( ̄w ̄)プッという声が聞こえてくる。
どうか記事を最後まで見ていただきたい。
今日の記事ははっきり言って わりとガチの考察記事である。
いつものようなウケ狙い点火狙いの要素はまったくない。
それをふまえて以下の文章を読んでいただこう。

今度の転載禁止が咲界に招くであろうマイナス要素はふたつある。それを端的に言うと
①咲アンテナの衰退
②咲の二次創作の衰退
であろう。
①を説明するのは簡単である。
個人ブログが明らかなタレント不足であるアンテナの現状を見ると(タレント不足じゃないよ!と思った方々には不適切な表現であるのを謝罪する。しかし水面日和がランキング5位になるような昨今を鑑みるに、咲ブログ全盛期を生きてきた身としてはタレント不足を実感せざるをえない)、SSまとめをライフワークとしてきたアフィブログらに大打撃を与えた今回の一件が連鎖的に咲アンテナにも打撃を与えるものであることは疑う余地がないだろう。
アフィブログが機能不全になってしまうと、アンテナに集客力のあるブログは近麻生活くらいになってしまう。

無論、SS速報のものをまとめれば致命的な打撃にはならないと言う人もいるだろう。
しかしここで②の要素が深くかかわってくるのである。
某有名ブログの問題になった記事で「二次創作が活発でないとそのコンテンツは衰退する」といったものがあったことは記憶に新しいだろう。
転載禁止によるアフィブログの終焉は、SS作者のモチベーションに影響を与えるのではないだろうか?
すなわちSS界の衰退である。
大手アフィブログに自分のSSを乗せてもらって、有名になることをモチベとしてやってきた作者たちは少なくないだろう。
その道がなくなったことで、咲SSそのものの絶対数が少なくなってしまうことは考えられないだろうか?
当然SS速報に移住する作者もいるだろう。
しかし、vipのレスポンスの速さ、雰囲気が好きだったという作者ももちろんいるはずだ。
そういう作者たちは恐らくSSを書くのをやめてしまうだろう。
これがSSの絶対数の減少≒二次創作衰退の理由である。 

あくまでここに記したものは私の想像にすぎない。
ただ、一つ言えることはあわあわSSを見るのがさらに難しくなるだろうということだ。
あわあわ厨として、それだけが残念で仕方がない。 

ま、アフィブロガーを擁護する気はさらさらないけどね笑
あいつら全員死んじまえばいいのにな笑