ついに完結編!
はい、全国決勝からです。
対戦校は清澄、阿知賀、臨海の三校で、大将戦には
一位 清澄 120000
二位 白糸台 105000
三位 阿知賀 95000
四位 臨海 80000

この状態で回ってきます。
先鋒~副将は、あわあわが苦戦して+10000で帰ってきたものの、中三人が頑張って-5000で納めた、ってな感じです。
まあのどっちとかあこちゃーは火力あるタイプじゃないからね
それで、大将戦ではあの嶺上畜生と同卓することになります。
果たして主人公は麻雀を楽しまされてしまうのか!?それとも優勝するのか?
それでは最終回、開始しましょう

~全国決勝 大将戦~

主「(前半戦のオーラス、ここまで私は+3000……やっぱり決勝ともなるとレベルが違う。でも、ここで清澄から直撃を取れれば、一気にトップに―――)」

主「(きた。平和ドラ1のテンパイ。ここは攻めで―――)リーチ!」

恒子『ここでリーチが入ったー!清澄が振り込めば、裏一条件で逆転です!』

主「(よし、これをツモれば後半戦、一気に楽に―――)」

咲「カン、………ツモ。嶺上開花、400,700です」

主「(……やっぱり来たか、清澄の宮永咲の嶺上開花。リー棒分もいかれちゃった………)」

恒子『ここで前半戦終了ーーーー!一位の清澄はプラマイゼロ、追う白糸台は小さいプラス!阿知賀と臨海はお互いで潰しあいをしていると苦しいぞー!』

主「(………プラマイゼロ…………)」

~控え室~

淡「お、おつかれさまー」

主「あ、ありがとうございます……淡先輩、今のプラマイゼロはやっぱり………」

淡「うん。狙ったものだと思う。決して手を抜いてるんじゃなく、サキはそれが一番打ちやすいスタイルなんだ。キミがいまいち点を伸ばしきれてないと判断すれば、プラマイゼロで守りに入られちゃう。だから―――」

主「後半戦はガンガンいって、宮永さんを脅かせばいいんですね!」

淡「………!」

主「それで、みんなで―――優勝しましょう。淡先輩だけじゃなく、皆さんには本当に感謝してます。だから、今度は私が優勝を取ってきて恩返しする番です。絶対、絶対勝ってきます!」

部長「………うん、がんばって。最後にみんなで笑って終われるように」

淡「そうだね……あ、もう始まっちゃうよ!」

主「よし………じゃあ、行ってきます!!」

~全国決勝 大将戦~

主「(…………追い付いた)」

主「(後半戦の南1局、ついに……並んだ)」
清澄 113000
白糸台 113000
阿知賀 102000
臨海 72000

主「(でも、全然油断はできない。清澄はもちろんのこと、阿知賀だってまだまだ諦めるような所じゃない。ここは絶対に集中力を切らさずに……)」

咲「ツモ、嶺上開花、400,700です」

主「(わずかに上にいかれた……でも次は親番、ここで大きい手を………和了る!)」

配牌 123579m136s12p北北 ツモ3p ドラ北

主「(きた!絶好のイーシャンテン!これは絶対に和了って………)」

七順目 手牌 123579m123s12p北北 ツモ8m

主「(ちょっともたついたけど、これでテンパイ。ダマでも18000……ここはトリダマかな)」5m切り

咲「カン!」

主「えっ?」

咲「もいっこカン!もいっこカン!……ツモ。嶺上開花三カンツトイトイ、8000の責任払いです」

主「………えっ……」

主「(う、うそ………これで18000点差……)」

恒子『清澄宮永選手の満貫が決まったー!これは厳しくなったか白糸台、オーラスは清澄の親番なので跳満ツモが必要です!』

健夜『白糸台はテンパイでしたが、宮永選手に生牌の5mは恐いところでしたね……とにかくオーラスで清澄からの振り込みはありえないので、阿知賀も白糸台も自力でツモるしかないでしょう』

主「(……まずい………こっから、逆転…跳満以上が必要ってことか……)」

配牌 23347m1569s68p南 ドラ6s

主「(………この手牌じゃあうまくいって満貫。跳満に届かせるには無理をして三色にいくか、一発や裏にかけるしか………でも、どうすれば………)」

咲「ポン!」

主「(4sを鳴き……降りてればほとんど優勝なのに、なんでわざわざ鳴いてまで―――)」

主「(そういえば前、淡先輩が…………)」

淡『キミが一番強いのは、考えが普通の人に近いとこだよ』

主『……どういうことですか?』

淡『私とかサキみたいに普通あんまり出ない役で戦うようは打ち手は、どうしてもどっかで普通な考えが出来ないんだ。その役で和了れることが前提になってるから、やらなくていいところでもそれをやったりしちゃう。でもキミは、そういう特殊な打ち手とも渡り合える上に、普通なことを普通にできる―――この二面性が、キミが一番すごいとこだと思うよ』

主「(そうか………淡先輩の言ってたことが本当なら、ひょっとしたら)」

手牌 223344m56s22678p

主「(この手、さらに高めを狙わなくても―――)」

咲「カン!」

恒子『宮永選手、ここで8mを暗カン!お馴染みの嶺上開花で勝負を決めてしまうのか!?』

咲「………もいっこ、カン」4s加カン

主「………ロン、12000、です………………」





~宿泊ホテルの一室~

淡「…お疲れさま、すごかったよ。最後」

主「いや、たまたまですよ!あの時、淡先輩が『普通のことを普通に~』って言ってたのを思い出して、それでひょっとしたらって………」

淡「うん……それに、あの逆転劇はサキも予測出来てなかったと思う……あの場面、一回目のカンの後の嶺上で、サキは和了るつもりだったんだよ。そうすれば、700オールのツモ和了で、後半戦のサキの収支は+4600。25000点持ちの30000点返しで考えたら……」

主「………プラマイゼロ…………」

淡「うん、だからサキとしてもあそこで4sがきたのは想定外だったんだよ。」

主「………でも、どうして4sが……」

淡「わかんない。でもひょっとしたら、これまで頑張ってきたキミへの、神様からのご褒美だったんじゃないかな」

主「そんな………オカルトじみた…」

淡「うん。でもそうやって考えてみるのも、また麻雀の面白い所なのかもね」

主「でもよく考えたら、そこでオリてたら………」

淡「それが『普通のことを~』ってやつだよ。普通の人は狙って嶺上開花なんてできないから、そこで加カンしなかったかもしれない。でもサキは違う。例え予想と違った形で4sが来ても、次の嶺上牌こそは和了牌だっていう確信があったんじゃないかな。確かにあそこは状況を考えればオリかもしれないよ。でもそこでオリるのは、サキの嶺上開花とプラマイゼロ、それを一度に両方とも否定することになるから……プライドが、そうさせなかったんじゃないかな」

主「はえー……やっぱり淡先輩はスゴいですね、私なんか、まだまだ全然敵いませんよ」

淡「!!」

淡「…………」

淡『あーまた負けちゃった。やっぱテルーは強いなー、全然敵わないや』

照『それより淡。負けた方がポッキーを奢る約束だったはず』

淡『ちぇーわかったよー。スミレ先輩ーポッキー買ってきてー』

菫『淡……お前はふざけてるのか……?』

淡「(………また思い出しちゃったなあ………でも何でだろう。これまでより、胸をしめつけられるような痛みが、薄い気がする)」

淡「(確かにあの頃は楽しかった。最近は、その頃と今を比べて悲しい気持ちになるばかりだった。でも、今―――)」

淡「(この子と、この子が頑張って戻してくれた環境のお陰で、今を楽しめるようになってる)」

淡「(あの頃は、ずっと楽しかった。でも三年生になってから、責任が重くなったり苛めがあったりで、楽しむことができなかった)」

淡「(でも今はこの子のお陰でその苛めもなくなって、この子に優勝までさせてもらって―――)」

淡「(また、昔みたいに、昔以上に、楽しんでも、いいのかな)」

淡「うぅ…………グスッ………」

主「せ、先輩!?どうしたんですか!?私なにか気に障ること言っちゃいました!?」

淡「よ、よかった……テルーが……みんなが繋いできたものを私も繋げて……………優勝できて………みんなに恥をかかせないで……よかった……………」

主「…………先輩………」

淡「苛めが、あって………そ、それも辛かったけど、キミや部長までそれに巻き込まれる方がもっと辛くて……でも、こうやって今みんな幸せに………こうやってみんなで戦えて………よかった…………うぅ……ヒグッ………」

主「………大丈夫です。もう先輩がやることは、ぜーんぶ終わりました。後は、淡先輩が楽になるだけです」

淡「そうかな……私…これからは、また、楽しんで打って、いいのかな………?」

主「当然ですよ。これから麻雀も一杯しましょう。先輩が楽しんで打ってくれるのが、私も一番うれしいし、みんな望んでることですよ」

淡「うっ…うう………グスッ……ヒグッ………」

主「(最上級生になってから色々あって、淡先輩はパンク寸前だったのかもしれない。自分の苦しみだけじゃなく、周りの人まで苦しめてしまうことや、かつてのチーム虎姫と現状との解離……そういう悩みを、普段天真爛漫に見える淡先輩だからこそ、抱え込んでしまっていたのだろう。それが今、ようやく解決されたんだ………)」

主「(よかった………………)」

~数ヵ月後~

主「うわぁ~、また一面だ。やっぱりスゴいな淡先輩は」

主「(高校を卒業して、淡先輩はプロ入りした。なんでも宮永先輩と同じチームらしくて、『団体戦で優勝出来たから、テルーと同じチームに入れる』なんてことを言ってたっけ。会える機会がちょっと減って寂しいけれど、こうやって楽しそうな淡先輩を見れるのは、当然嬉しい。)」

主「私も、淡先輩と同じチームに………」

主「(これは目標でもあるし、淡先輩との約束でもある。ただ、私も淡先輩と同じように、白糸台を優勝させてプロにいくつもりだ。これは、私が勝手に決めたルールなんだけど)」

主「(それに、今日は)」

主「ひゃっほおおおおおおう!淡先輩と久々のデートだああ!あー今日のお弁当もおいしいんだろうなあ、淡先輩ってほんと料理うまいよなあ………」

主「よーし、早く準備して、待ち合わせの場所に……」

主「あ痛っ?!ソファーの角に小指打ったっ!!」

~街中 主人公サイド~

インタビュアー1「すいません、〇〇テレビのアンケートなんですが、よろしいでしょうか」

主「ええ、ちょっとなら……」

インタビュアー1「それではお聞きします。今あなたは『幸せ』ですか?」

~そこからわずかに離れた街中 淡サイド~

インタビュアー2「すいません、〇〇テレビのアンケートなんですが、よろしいでしょうか?」

淡「あ、ちょっとなら……」

インタビュアー2「それではお聞きします。今あなたは『幸せ』ですか?」

主、淡「「………………」」

主、淡「「はい、『幸せ』ですね!」」


お し ま い



ギリギリ17日内に間に合ったンゴwwwww

とても幸せとは言えなかったノーマル、バッドと違い、これでは二人が(少なくとも現時点で)『幸せ』になったことを強調しました。
いやあよかった。本当によかった。
やっぱりあわあわも最後には幸せにならなくちゃね…………

さて、長いこと続いたこのシリーズもこれがラストになります。
まあ色々あるので、もう皆さんのお目にかかることはないでしょう笑

これまで当ブログを読んでくださった方々、賞賛はもちろん批判や荒らしも含めたコメントの一つ一つ。
そして何より、咲-saki-という作品。
こんなカスブログが三ヶ月も続いたのは、これらのお陰です。
本当に、これまでありがとうございました。

それでは。