花粉症が辛い


さて、ノーマルルート最終記事です。
前回の記事に書いた通り特定の条件を満たさない限り白糸台は全国二回戦の先には進めません。
というか白糸台はシード校ですので、全国二回戦敗退ということは一個も勝てないということになります。
団体戦は結束が大事だからね、仕方ないね
という訳で、今回は都大会突破~全国大会開始をキンクリして、二回戦から始めたいと思います。
ちなみに対戦校は
阿知賀
劔谷
モブ校
となります。
意外ときつくね?w

~二回戦 副将戦~

主「(…まずい)」

主「(今うちは3位。一位の阿知賀が15万点で、二位の劔岳が13万点。うちは二位とは一万点差…)」

主「(点差は全然問題じゃない。一番まずいのは―――)」

主「(トビ寸が、いる)」

えり『さあ副将戦も最後の南場に入りました。残り900点となっている4位を飛ばして劔谷が勝ち抜けとなるのか、それとも白糸台が食らい付くのか』

咏『お、劔谷の子は配牌リャンシャンテンだねい』

主「(先鋒戦、淡先輩は阿知賀の先鋒に封じ込まれてた感じもあって普段より点数を稼げなかった。後ろの先輩たちもそれなりにがんばってはいるけれど、点棒は稼げてはないし劔岳に抜かれてしまった)」

主「(なにより、ここで4位にハコになられるとうちが3位で終了になっちゃう。なんとか対局を続けないと―――)」

えり『劔谷が白糸台から白をポン、これで好形のイーシャンテンです。』

咏『3900はあるから、ツモれば試合終了だねい。知らんけど』

主「(あーもう、なんでそこで役牌鳴かせるかなあ…とにかく、差し込んででもなんでもして対局を続行しないと)」

淡「………テンパイだ」

えり『劔谷高校、白ドラ2の3900をテンパイ!これをツモるか4位から出和了りで勝ち抜けが決定です』

主「(やばい!こっちの手には差し込める牌はない!なんとかまだ―――)」

咏『ツモったねい』

えり『劔谷高校、1000,2000のツモ和了!この瞬間、準決勝進出の二校が決定しました!王者白糸台はまさかの二回戦敗退です!』

主「(――――終わった)」

~数時間後~

淡「………お疲れさま」

主「あ、淡先輩!お疲れさまです………、残念でしたね」

淡「うん………ゴメン………私がもっと点数稼げてたら……」

主「そんな!淡先輩の責任じゃ無いですよ!それに阿知賀の先鋒の高鴨さんは全国トップレベルの人じゃないですか!そこで+37000なら……」

淡「うん…それはわかるよ。私だって、あの一戦は自分でも納得できる麻雀が打てた。でも、負けちゃったら………勝てなかったら……………(グスッ」

主「淡先輩…………」

淡「私が……私がテルーや………みんなの築いてきたものを……私が………」

主「そんな……淡先輩一人じゃ、どうしようもないことも………」

淡「でも………私が……私の代で…………白糸台が………あぁ……………」

主「淡………先輩………」

淡「うぅ…………ゴメン……みんな………私のせいで…………」

主「(いつもの元気さが嘘のように泣き続ける淡先輩の隣で、私はその手を握ることしかできなかった。淡先輩を苦しめてきた過去の栄光と現状の解離は、きっと勝つことでしか解消出来なかったのだろう。)」

主「(私は………どうすればよかったのかな…………)」

~数ヵ月後~

主「(白糸台の敗退はやっぱり大きな話題になって、マスコミでも連日取り上げられた。ひょっとして淡先輩が槍玉にあげられるんじゃないか不安だったけど、意外と同情的な意見が多かった。淡先輩がいい結果を出していたのもあったのだろう)」

主「(私も県大会で全て+だったことが評価されて、非難的な意見はA,B,Cに集中した。まあインハイが佳境に向かうにつれ忘れられていったけど)」

主「(それで、つい先月淡先輩――もとい三年生は、白糸台高校を卒業した。A,.Cがいなくなったお陰で麻雀部にもこれまでみたいな苛めはなくなって、徐々に平穏に戻りつつある。淡先輩とくっついてた私はまだ気まずい態度をとられるけど、それも直になくなるだろう。やっぱり、淡先輩を本気で嫌ってたのはそんなにいないみたいだ)」

主「(それで、今―――)」

淡「ち、ちょっとー?ぼーっとして、どーしたの?」

主「あ、ああ、ごめんなさい!ちょっと考え事を………」

主「(淡先輩は、うちに来てくれた)」

淡「なんか悩み事?それなら、大学100年生の淡先輩にまかせなさーい!」

主「いや、大したことじゃないですよ。てか、先輩はサークルとか決めたんですか?」

淡「うーん、色々考えてはいるんだけど、まだ……」

主「………やっぱり、麻雀は……………」

淡「………うん。もう打つのはイヤだな」

主「(インハイの後、淡先輩は麻雀をやめてしまった。大学やプロからの誘いは沢山あったみたいだけど、それを全部蹴って一般入試で大学に入った。やっぱり、インハイのアレがショックだったんだろう)」

淡「私さ、今でも夢に見るんだ。」

主「え?」

淡「昔、私がまだなーんにも考えずに楽しく麻雀が打ててた頃。テルーがいて、スミレ先輩とかみんながいて、そこにキミがいて………六人で楽しく、麻雀を打つ夢。」

淡「それで、起きて思うんだよ。また麻雀がやりたいって。」

主「な、なら……また―――」

淡「でもダメなんだよ。そうやって思う度、昔の自分と今の自分の差に愕然として、胸が苦しくなる。楽しかった、私が全てをかけてた麻雀はどこにいっちゃったんだろうって。なんで、私は牌を見ることもできないポンコツになっちゃったんだろうって」

主「…………」

淡「どうして、こんなことになっちゃったんだろうって…………今更振り返ってもどうしようもないのに………………昔の楽しかった麻雀にはもう遠すぎて………手を伸ばすことさえできないんだ……」

淡「………何が、間違ってたんだろう………私が、悪かったのかな……………」

主「………先輩」

淡「………何?」

主「これから私が、先輩のこれまでの苦しみを埋めちゃうくらい楽しいことしますから。一緒に色んなとこにいったり、二人でいちゃいちゃしたりして、これまでの埋め合わせをしましょう」

主「それで……私が頑張って、白糸台でインハイに出て、先輩が満足に打てなかった分を晴らして……優勝してきますから………」

主「そしたら、これまでの苦しかったこと、ぜーんぶ、忘れちゃいましょうよ。あいつらにされたこととか、無くしちゃった物とかのことはぜーんぶ忘れて………荷物を、おろしちゃいましょうよ」

主「先輩はこれまですっごい頑張りました。だから、ここからは私が頑張る番です。大船に乗ったつもりでいてください、先輩の汚れちゃったとこは、ぜーんぶ私がきれいにしてあげますから」

淡「………信じて、いいの?」

主「当然ですよ。私は先輩の為なら、なんだってやれますよ」

淡「………ありがとう………」

淡「やっぱり………私はキミに救われてたんだ…………あのときキミが白糸台にkてくれなければ………いまの私でさえなかったよ………キミがいたから……私も今までなんとか………」

主「大丈夫です。もう、先輩は自分のことだけ考えてればいいですから。もう、余計なものを背負う必要は、一切ないんですよ」

淡「うぅ…ありがとう……私は…………もう…………」

主「だから、先輩………」

主「これからも、ずっと一緒でいてくださいね!」

ノーマルルート 完




「思い出迷子は負けの始まり」
名言ですね。

これがノーマルルートです。
幸せかそうでないかは、各自の見解にお任せします。

淡ちゃんは思い出迷子から抜け出せるのか。
それは、誰にもわからないのでしょう。

それでは、また