お菓子大好きで知られる白糸台宮永選手は当然フルーツも守備範囲内だ。
先日の練習日にチーム虎姫に用意されたお菓子は「たまにはフルーツでも」ということでみかん、パイナップル、メロンなどといった果物類。
パイナップルで口内を痛めた宮永選手が死亡するハプニングもあったが、練習は久々に平穏に進んでいった。

どうやら宮永選手はフルーツのよさに目覚めたようで、部員に内緒でいくつか果実をお持ち帰り。
ウキウキで帰路に着いたが、道に迷って大阪まで行ってしまう。
とりあえず腹ごしらえ、ということで果実にかぶりついたがなんとそれはレモン。
すっぱさに悶絶しつつ御堂筋などをさ迷う宮永選手だったが、宮永ホーンでからあげの匂いを察知すると発生源の家に
「突撃!隣の晩ごはーん!(エイギョウスマイルッ」と侵入。
どうやら麻雀一家だったようでそれなりにチヤホヤされご満悦の宮永選手だったが、「どうせすっぱくて食べられないから」とからあげにレモンを絞ったのが運のつき。
からあげには何もかけない派だった一家の怒りを買い、妹さんの熱いキックで無事死亡した。

これについて清澄宮永選手は「レモンといい大星といいあの金髪角女といい黄色はお姉ちゃんの敵ばかりですね(ニッコリ」とコメント。

なおキャベツへのドレッシングにはまにあうもよう