さて、記念すべき初考察は、阿知賀編で描写された全国大会準決勝Aブロックでの先鋒戦についてです。

ひとまずこの先鋒戦の卓のメンバーをおさらいしておきましょう。
白糸台高校 宮永照   (前半戦東家、後半戦北家)   得点 100000→196200(+96200)
千里山女子 園城寺怜 (前半戦北家、後半戦南家) 得点 100000→80900 (-19100)
阿知賀女子 松実玄   (前半戦後半戦共に西家)   得点 100000→74700(-25300)
新道寺女子 花田煌   (前半戦南家、後半戦東家) 得点 100000→48200(-51800)

となっております。ご存知の通り、この時点で我らが白糸台高校が大量リードを奪っていることがわかりますね。マタンゴwwwwwwwww 
半荘二回で+96200という意味不明な成績を見ると先鋒戦はインターハイチャンピオンこと宮永照たその一人旅に見えますが、実はこの独走を止める機会が一度だけあったことを皆さんはご存じでしょうか。

前半戦の東3局を見てみましょう。
この局は怜の先制リーチが入ったものの、てるてるの小細工ポン(by セーラ)によってその当たり牌がドラ置場クロチャーの元に行ってしまいその結果怜がてるてるへと振り込み、というものでした。
一見するとてるてるの作戦勝ちに見えますが、実はあのポンこそが勝負のあやになっていたかもしれないのです。
このリーチでの怜の手牌は、
22m789p45678s北北北

といったものでした。この時点でリーチ北の40符2翻で2600点でのアガリが確定しています。
これにいつものように一発ツモの2翻が付けば満貫になるわけですが、今回は鳴きで一発が消えてますね。
この手への放銃を嫌がったクロチャーは上に書いた通り手牌から安牌を回したのですが・・・
これが問題の行動だったってはっきりわかんだね。
そう、ここでクロチャーは当たり牌と知っておきながら怜に差し込んでおくべきだったのです。

この後照の連荘が始まり、南1局の三本場までで実に44900点もの点数を稼ぐことになった訳ですが、ここで怜が2600点をアガっていたとしたらどうなるでしょう。
照の連荘はまた一からやり直しになり、次の東4局から連続和了を再開できたとしても、すばら先輩が連荘を止めた南1局3本場までに稼げる点数は多くて23000点程。これでも十分すごいのですが、実際のケースに比べるとなんと半分です。
しかも身を削って振り込んだようにみられる玄自身の失点も、照の和了がすべてツモだと仮定しても-10100点。
実際のケースではこの時点で14900点の失点をしていますから、なんと結果的には得をしているのです!

しかし、これはあくまで結果論という声もあるでしょう。ただ、作中で確認できる怜の牌譜では、手なりの役はせいぜい3翻で、リーチツモ一発をつけて満貫(ケースによっては跳満)というものばかりでした。
怜自身もその未来予知による聴牌速度とリーチ一発に自信をもっているので、じっくり手を作る必要がないのでしょう。(高速で満貫手ができるというのは麻雀では相当の脅威です)
だとすれば先程の一発が消えた状況では振ってもせいぜい3900点程度、だったら多少点を失ってでも宮永照の連荘を防ぎに行く、というのは果たしてハイリスクな賭けでしょうか?
クロチャーはじめ阿知賀の方々にはもう少し対策を練っていてほしかったと思います。


ちなみに、もしこの東3局~南1局3本場までがこの通りいった場合、てるてるの総合収支は+96200から+74200となります。(これでも意味不明な点数)
これを、今月号のガンガンで記載されて副将戦終了時の点数表に入れると・・・?(コミックス派の方はネタバレ注意)






白糸台高校 95700
阿知賀女子 120400
千里山女子 103100
新道寺女子 81300       (差分の点数は3校に三分割して足してあります)


・・・・・・・・・・・・・・







白 糸 台 敗 退 不 可 避



あ、あわあわがおるから・・・(震え声)