2018年02月

このブログは「咲-Saki-」のファンサイトではありません。
一般的なファンには理解できない記事、辛口批判があるのは当然です。
それが許せないからといって感情的に論戦、煽りを仕掛けても論外です。
無理をして閲覧する必要はありません。あくまで自分に合ったサイト、BBSを楽しみましょう。

追伸

※この記事は万が一いや億が一、いやいや無量大数が一、小林先生がこんなクソブログをご覧になる機会があったらということを想定して書かれたものです。当然ですがそれ以外の読者の方は小林先生ではないと思いますので、その場合は自分が宛先の当人になったつもりで読んでみてください。

小林先生がこのブログをご覧になっているとしたら、畢竟気を悪くされている筈です。
申し訳ございません。私も若さに任せ、醜態を何度も晒してしまったなと当時を振り返って悔恨しています。
これまた当たり前のことですが、こんなブログは名誉毀損等の罪で訴えられても何の文句も言えません。ただそれを承知でこの度はどうしてもお伝えしたいことがあり、この記事を執筆させていただいております。

小林先生の視界に入るご自身の作品へのネガティブな言葉は、ひょっとしたら少なくないかもしれません。「面倒なメール」と先生が話されたような内容の手紙等も、未だに存在しているのではないでしょうか。そういった不快なものに苛立たれているとしたらそれは当然ですし、かつてその一旦であった私自身弁解する言葉もございません。
ただ、そのような現象の要因として、ファンの不満というものが少なからず関わっているということはわかっていただけるのではないでしょうか。例えば、大星淡が出てきたときからファンだった、新子憧が出てきたときからファンだった、という昔からの読者は一定数存在していると思うのですが、そういったファンの方々は最近のキャラデザインの過剰な変貌についてどう感じたでしょうか。無論気にならない人もいたと思います。しかし本当に気にならない人ばかりだったと想定できますか?
また、現在展開されている五位決定戦、出場校のファンの読者は当然嬉しいと思います。しかし決勝に進んだ四校のファンの読者や、純粋に作品のストーリーが気になっていつも連載をチェックしている読者は、ただでさえ休載が多いうえに全く話のメインストリームに動きがない現状をどのように感じているでしょうか?
当たり前のことですが漫画というのは基本的には漫画家の先生が画きたいように画かれるものです(よね?)ので、咲という作品も先生が画きたいようにされるべきであると思います。しかし、ご自身の作られた展開やキャラデザインが、読者にどう捉えられるか、という点を予測されたり、気にされたことはありますか?
これまた当たり前のことになるのですが、一度も考えられたことがないというのはないでしょう。でしたら、是非とも今一度ご一考いただきたい、というのが、無礼ながらこの様なゴミブログを運営しております「元ファン」の一意見です。

元ファンとは言いましたが、こんな法廷で争ったら一発でアウトのブログの管理人でも、小林先生を嫌いになることが未だにできません。麻雀というダーティな印象のあるコンテンツを、女子高生の青春というクリーンなストーリーに乗せてヒット作を生み出していただいた先生のことは、一麻雀愛好家としてどうしても嫌うことができないのです。
そして先生は今のように、某掲示板で批判に対する対立意見すら出ないような作品しか画けない漫画家ではない、と信じています。ネットではどんな作品でもある一定層に汚い言葉で罵られるものですが、良い作品というのはそういった罵声には必ず賛成派の対立意見がぶつけられるものです。そして先生の作られるものも、本来はそういった「良い作品」である筈です。
インターネットの海に藻屑となって消えたこのような若輩者の意見ですが、もし参考にしていただけたならそれに勝る幸いはございません。
今後もお体に気を付けて活動なさって下さい。

なんjの咲スレ久々に覗いたら小林立擁護民全くいなくてワロタの巻

水面日和の管理人から5決やってる的な話は聞いてたけど、ファンの不満だいぶ溜まってんじゃんアゼルバイジャン
この前何かで見たガチモンの盲目信者のはてブかなんかも、ちょいちょい擁護しきれなくて言葉濁してるとこあったのもほんま笑ったわ。
普通信者なんか全肯定してくれるからな???
おれもかつて散々苦言を呈して、法律的に見ても余裕でアウトな罵倒したことも少なくないけど、ここまで擁護されなくなってるの見ると逆に心配なってきたわ。
当時から盲目信者は「阿知賀編は賛否両論だったが自分はいい作品だったと思う(キリィ」みたいな苦しい言い訳してたけど、上述のはてブでも完全に擁護できてなかったの見るに、今や否が大多数を占めてそうなんですがそれは…
ただ実写化に三流アイドルを起用したのが絶品チーズバーガーで、ドルヲタたちが映画に金を落としてくれるのが随分な収益になってるらしい( ̄w ̄)プッ
渡りに船とはよく言ったものですなあ。
てかこのブログのかつての読者で、おれの批判記事を叩いてた連中って、結構なんjラーと層被ってる筈だよね?
その層が今や作者叩きにまわってるってことは、事実上おれの批判が正しかったって認めたってことじゃね!?
当時「気に入らない展開だからってなんて事言うんだ!」「嫌なら読まなければいいだろ!」的なことをおれに言ってきた人たちが
今やおれと同じように(?)作者叩いてるって考えたら、結構胸熱だなあ…
当然おれの伝え方は悪かったし不快に思う人が沢山いて当たり前だったんだけど、感じたこと伝えたかったことは間違ってなかったんだなあって何となく思って、久々にテッルレ系以外で更新してみました。
当時うちのブログ叩いた人で、やっぱコイツが作者にノーを突きつけたの先見の明あったわ!って思う人は心の中でいいんでごめんちゃいしてね(≧∇≦)

ちなみにこんなぼくでも咲にまだ期待してることが一個だけあります。
それがあわあわスピンオフです。当然好きなキャラがメインになるってのもあるし、スピンオフなら絵描く人変わるから奇乳化なくなるんじゃね?これよくない?よくないこれ?よくなくなくなくなくセイイェー!ってのが最大の理由ですね。
てことであわあわスピンオフきたらどんなにリアルが充実してても毎回感想記事書くかもしれん。
ここがトップページへのリンク、はっきりわかんだね
TOP is God
.
最新コメント
まずうちさぁ、Twitterあんだけど・・・
この垢は更新報告のみです。
アクセスカウンター

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ