遠征で飛行機を使用することになった大正義白糸台高校。
お菓子代でカツカツの部費を節約する為、格安のバニラエアを利用する流れとなった。
しかし「菓子畜生」で名高い白糸台宮永選手容疑者(18)は当然のようにバニラエアをバニラアイスと勘違い。
機体にかぶりついたところ垂直尾翼の損傷を引き起こしてしまい、機内は123便墜落事故を彷彿とさせる事態へ。
「私の稼いだ96200点がなくなったことに比べれば垂直尾翼くらいなんてことない」と余裕の表情を浮かべる
宮永選手だったが、機体がダッチロールを始めたことによる気圧の乱高下の影響でポテチの袋が破裂すると態度が一変。
焦って降りてきた酸素マスクを着用しようとした所うまく角にはまらず、そのままお菓子不足で死亡した。

これについて清澄宮永機長は、「あったま上げろ!」と叫び大星選手を眼前に直立させた直後に、「どーんといこうや!」と機体を同選手へと爆進させた。
なお両宮永は共にクライマーズ・ハイへの出演には間に合う見通し。