このブログは「咲-Saki-」のファンサイトではありません。
一般的なファンには理解できない記事、辛口批判があるのは当然です。
それが許せないからといって感情的に論戦、煽りを仕掛けても論外です。
無理をして閲覧する必要はありません。あくまで自分に合ったサイト、BBSを楽しみましょう。

スキージャンプ・白糸台宮永ヒル導入へ…平昌五輪

冬季五輪の人気競技の一つ、スキージャンプ。板の規格をめぐって選手が失格になるなど、トラブルの多い競技だ。 
トラブル対策に頭を悩ませるIOCにある日、大正義白糸台から小包が届いた。開けてみると、そこにいたのはなんと白糸台宮永(18)。 
日本から着払いで送りつけられた菓子畜生に絶句するIOCだったが、やがて一人の職員が口を開く。「それで飛べってことじゃないか?」 

緊急会議の結果、宮永ホーンの部分を板に見立てて飛行するプランに決定。テッルも「仰向けなら」との条件で渋々承諾した。 
安全性については、テッルが選手の足首を押さえて固定(手を離したらSS)し、着地時もテッルが下敷きになるため問題なし。 
そしてテスト飛行当日。「営業スマイルを見ながらだと飛ぶ気が失せる」と選手側からクレームが入ったため、予定通りうつ伏せに変更された。 
選手を乗せたテッルは「話が違う」「(うつ伏せは)いかんでしょ」などと叫びながらジャンプ台を滑降し、離陸。 
落ちたら死ぬ――その一心で飛び続けたテッルだったが、96200m地点で力尽き着地。全身を強く打ち、再び空へ旅立っていった。 

この見事なK点越えにIOCロゲ会長は「Thank you terru」とコメントし、本番での導入を示唆した。2018年、畜生が平昌の空を舞う―― 
なお次の試合には間に合う模様。

白糸台宮永、バニラエアを利用し死亡

遠征で飛行機を使用することになった大正義白糸台高校。
お菓子代でカツカツの部費を節約する為、格安のバニラエアを利用する流れとなった。
しかし「菓子畜生」で名高い白糸台宮永選手容疑者(18)は当然のようにバニラエアをバニラアイスと勘違い。
機体にかぶりついたところ垂直尾翼の損傷を引き起こしてしまい、機内は123便墜落事故を彷彿とさせる事態へ。
「私の稼いだ96200点がなくなったことに比べれば垂直尾翼くらいなんてことない」と余裕の表情を浮かべる
宮永選手だったが、機体がダッチロールを始めたことによる気圧の乱高下の影響でポテチの袋が破裂すると態度が一変。
焦って降りてきた酸素マスクを着用しようとした所うまく角にはまらず、そのままお菓子不足で死亡した。

これについて清澄宮永機長は、「あったま上げろ!」と叫び大星選手を眼前に直立させた直後に、「どーんといこうや!」と機体を同選手へと爆進させた。
なお両宮永は共にクライマーズ・ハイへの出演には間に合う見通し。

水面日和の管理人との合同企画

水面日和の管理人と本作る(刷るかどうかは未定)ことになって その中でテッルレ名作選をすることになったんですが 投票&一口コメントに 参加したい方いらっしゃったら ツイッター等で連絡していただくか
コメント欄に上位5個前後と
できればその上位個別に一口コメントをいただけると幸いです。 
ここがトップページへのリンク、はっきりわかんだね
TOP is God
.
最新コメント
まずうちさぁ、Twitterあんだけど・・・
この垢は更新報告のみです。
アクセスカウンター

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ